私は副社長の玩具vol.1

昨晩も遅くに副社長からメールがあった。
「明日も朝6時に会議室で待っている」
約束の時間通りに会議室に行く。
既に彼は待っていた。
会議室に入るなり、彼はまず鍵をしめて、
ガチャガチャとドアノブを回し、確実に鍵がかかっていることを確かめる。

ブラインドもご丁寧にしっかりと全て下ろされていて、
外から中の様子はまったく見えない。

会社のB棟1階にある第6会議室、それが私たちの密会場所。
この会議室は一番奥にある為、移動距離が長い。
最も利用頻度が少なく、人目につきにくい。

「顔が赤いけど昨日もまた飲んでたの?家に帰らず会社で寝たの?」
「いつも通りだよ」
「奥さんに離婚されるのも時間の問題ね」
「どうかな?」
簡単な会話を済ませると、私をソファーに倒して愛撫開始。
さすがに全裸になっているところに入ってこられると言い訳のしようがない為、
お互い服は脱がないというのが決め事だった。
ただし、ブラは更衣室で外してくること、それが彼からのリクエストだった。
彼が私のカラダを存分に愉しんだ後、後ろから責めて発射するまで合計20分。
それ以上を超えると、さすがにリスクが高くなる為やめておいた。
「はい、今日もちゃんと付けてね!」
「たまにはゴム無しで・・・」
「だぁーめ!それは約束ですよ。私が婚約してるの知ってますよね。子供できたらさすがにマズイでしょ?」
「うーむ・・・」
「デキちゃったら私をもらってくれるんですか?」
「いや、、、」
「無理ですよね?じゃあ今度もっと薄いのないかドラッグストアでみておきますから。」
「わ、わかったよ」
彼に一度ゴム無しでさせたらすっかりその気持ちよさにのめり込んで、
それ以降、ゴムを付けたがらないのが少しめんどくさい。
婚約者である先輩にだって未だにゴム無しでなんかさせたことはなかった。

もともと私と副社長は採用面接で会った以降、
入社してからも顔を合わせることもなく、こんな人いたっけ?というくらいの存在だった。
それが今では私のセフレとは・・・というより副社長のおもちゃ扱い。

当時の私は大学4年になり就職活動中、
私は既に何社か落ちてて、もうどこでもいいから当たって砕けろ状態。
そして、10社目に受けたのが今の会社だった。
何だかとてもリラックスできて、
それがよかったのか初めて最終面接まで進めた。

最終面接はこの会社の社長の息子で、副社長が面接官だった。
今思えばこれが副社長と初めての顔合わせ。