オンラインゲームドラゴンズドグマ

ドラゴンズドグマというオンラインゲームをプレイステーション3でプレイしているのですが、個人的にはなかなか面白いと思っています。

まずゲーム設定なのですが、簡単に述べると、「覚者」と呼ばれる主人公が拠点である神殿にいる白竜の回復の為、大陸を冒険するというストーリーです。

RPGのゲームでして、自分が操作する主人公の顔、体格、髪の色を細かく設定する事が出来ます。

他にも、武器や防具などを装備したり、回復役などいろんな道具の作成、自分の持ち物を出品して儲けを得るバザー、他のプレイヤーと組んで冒険出来るパーティー、更にはオンラインゲームならではのプレイヤーが大勢集まり強敵を討伐するというグランミッションなど楽しめる要素が沢山あります。

さて、冒険に行く前に重要なのは、主人公の職業です。

職業とは敵と戦う時の戦闘スタイルです。

最初に選べるのは4つの基本職の内、まずはファイターという近接戦闘用の職業。

剣と盾を持つこの職業は攻撃力もあり盾で敵の攻撃を防ぐ事も出切るので、初心者が使うなら最初はこの職業ではないでしょうか。

次にハンターという中~遠距離用の職業。

敵との距離に応じて攻撃力も変わるというリアルなダメージの与え方が特徴です。

そして次にプリースト。

回復職故に攻撃に関しての手段があまり無いので、ソロだと厳しいですがパーティーで組むと味方を癒したり、攻撃力や防御力を上げるといった守りの強さを発揮します。

最後にシールドセージ。

この職業は少々特殊でして、敵の攻撃を大きな盾で受けて溜まったゲージを使い、味方や自分自身に火や雷といった属性を付与したり、魔法を発射したり敵の攻撃を自分に集めたりという技があります。

つまり援護職ですね。

最初の内はこの4つのどれかを選び進行することになります。

もし、やはり違う職がいいと思った時も神殿に行けば職を変えることも出切るので、あまり悩まずに決めても心配はいりません。

職業にはレベルがあり、レベルが上がっていく毎に技やアビリティも増えていきます。

私個人は色々な職業を試しましたが、それぞれ個々の面白さがあってプレイしていて楽しかったです。

レベルがある程度まで達し、ある条件をクリアすると上級の職業に変えることが出来ます。

それを目指してレベル上げに励むのも大変ですが、いざ上級職になった時の喜びは表せません。

そんな職業毎の面白さはゲームの一部ですが、この職業システムはプレイしていく内にハマります。